家庭でつくる本格的インド料理シリーズ 3 タンドリーチキン

タンドリーチキン料理

インド料理の代表的な料理といえば、やはり各種のカリーが挙げられます。
そんな「インド料理=カリー」のイメージの中でも、カリー以外の定番として人気の高いメニューがタンドリーチキン。

中でも最初に食べたタンドリーチキンは、ヨーグルトの酸味とほどよいスパイスの辛さが印象的でした。

今では広く認知され、各種スパイスやレトルトソースも充実し、手軽にその味を楽しむことができるようになりました。
でも、一から作るとなると手間がかかりそうだし、第一、チキンを焼くタンドリー釜など無いし。
結局、食べに行くしかないか?

いやいや心配ご無用。今回はご家庭で食べたいときにいつでも作れるインド料理、しかもフライパンで作れて本格的な味のタンドリーチキンをご紹介します。

スポンサーリンク

用意する材料(2~3人分)

  • 鶏モモ肉:2枚(約500g)

  • サラダ油:大さじ2
  • ブラックペッパー:小さじ1/3
  • 塩:小さじ1/3
  • にんにく:1片
  • しょうが:1片

材料A

  • ヨーグルト(プレーン):150g
  • ケチャップ:50cc
  • クミン:小さじ1
  • パプリカ:小さじ1
  • シナモン:小さじ1/2
  • コリアンダー:小さじ1
  • ガラムマサラ:小さじ1
  • カイエンペッパー:小さじ1/3
スポンサーリンク

作り方

1.

鶏モモ肉は1枚を4等分ぐらいの大きさに切り、塩とブラックペッパーを振り、揉み込んでおきます。

2.

にんにく、しょうがはすりおろしておきます。

3.

材料Aの全てと、先ほどすりおろしたにんにく、しょうがを混ぜてソースを作ります。

4.

3.のソースに鶏肉を混ぜ合わせます。

そのまま1時間ほど漬け込んで寝かせておきます。

5.

フライパンに油をひき、漬け込んだ鶏肉をソースごと炒めていきます。

最初は皮を下にして焼くと良いでしょう。

6.

片面が焼けてきたら裏返して両面を焼きます。

 

7.

焼き目が付いたら弱火にし、蓋をしてじっくりと中まで火を通します。

8.

5~6分程蒸し焼きにし、中まで火が入れば完成です。

9.

ライムやお好みの野菜と一緒に、器に盛り付け完成です。

各種スパイスや、香辛料を一通り用意しておけば、後は普段手に入る食材で作ることができます。

今回はフライパンで焼いていきましたがオーブンで焼くと一層香ばしく美味しく焼き上がります。
その際はオーブンの温度を200℃程度に設定し、表を焼いた後裏返して焼き、全体でおよそ25分ぐらいかけて、焼き上げると良いでしょう。

普段の鶏料理とは一味違ったスパイシーなタンドリーチキン。ぜひお試しください。

各スパイス、香辛料はコチラ↓

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました