音楽

音楽

James Carr

James Carr(ジェームス・カー)。 サザンソウルにおける伝説的ヴォーカリストです。 ソウル・ミュージックの代表的ミュージシャンといえば、時代の前後はあれどMarvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)...
音楽

The Durutti Column Ⅱ

――現在の音楽シーンについてどう思われますか? 「実に寂しい限りだ。ミュージシャンの主体性が弱まって、ビジネス側のコントロールに完全に屈している。 パンクはすっかり過去のものとなったし、ザ・フォールのような生き残った連中も話題にはなるけ...
音楽

The Durutti Column

「パンクと比べれば、僕の音楽はまったくパーソナルで思索的なものかもしれない。 でも、静かで優しい音楽が、ある状況では激しいリズムに合わせて大声で喚く以上に、ラディカルでアナーキーでありうると思う。僕の音楽は、その一例なんだと考えている。」...
スポンサーリンク
音楽

TOM WAITS Ⅵ

アルバム Swordfishtrombones(ソードフィッシュトロンボーン)の収録曲、「Franks Wild Years」(フランクス・ワイルド・イヤーズ)。 その主人公フランクの話には続きがありました。 ...
音楽

Wintergatan

Wintergatan /Marble machine (ウィンターガタン/マーブルマシーン)試聴回数1.6億回。 Marble machine もうすでにご覧になった方も多いのでは?時代に逆行しているようなのに斬新でインパクト...
音楽

JEAN CORTI 2

アルバム「COUKA」をリリースしたジャン・コルティ。 3作目のアルバム「FIORINA」 の中にある「老人たち」という曲はジャック・ブレルの詩にコルティが曲を付けた名曲です。 老いと死を自然と受け入れ、静かに淡々と時を過ごす姿...
音楽

JEAN CORTI 1

JEAN CORTI(ジャン・コルティ)。 72歳にして初のソロアルバムをリリースしたフランスのアコーディオン奏者。 当然、何処かから降って湧いてきたわけではなく、アコーディオンの歴史を生きてきたと言っても過言ではない大御所の遅すぎ...
音楽

Keziah Jones

これがKeziah Jones(ギザイア・ジョーンズ) ギターを叩きながら演奏をするギザイア・ジョーンズ。そしてその両脇を固める強力なリズム隊。 最小にして最強の3ピース。 無駄のないタイトなサウンド、シンプルでありな...
音楽

Fairground Attraction~Eddi Reader

もしかしたら何処かでこのアルバムジャケットを見かけた事がある方も多いのでは? Fairground Attraction(フェアーグラウンド・アトラクション)の『The First of a Million...
音楽

Camelle Hinds

ソウル・ミュージック。 1950年代から1960年代の初期にかけて、アフリカ系アメリカ人のゴスペルとブルースから派生したジャンルです。どちらかと言うと、ゴスペル色の濃厚な音楽をソウル・ミュージックと呼ぶようになったとも言われています。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました