ゆっくりコトコト煮込むだけ こってり牛すじ味噌煮込み

料理
スポンサーリンク

居酒屋や定食屋で定番メニューの牛すじ煮込み。
こってり濃厚な味付けで、しかもトロトロの柔らかさが、お酒のアテにもご飯のおかずにも合います。

しかし、いざ家庭で作るとなると上手く煮込めず、すじが硬いままだったり、味付けに迷ったりします。
そんな経験もあって、なかなか作る気になれず、結局レトルト食品で代用してしまいます。分かります。

今回はそんな牛すじ味噌煮込みの作り方をご紹介します。

多少手間はかかりますが、弱火でゆっくりと煮込んでいくだけで、お店の味に仕上がります。
ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 牛すじ:500g

  • 板こんにゃく:1枚
  • 水:1200㏄
  • 料理酒:200㏄
  • 長ねぎ:青い部分1本分
  • しょうが:1片

  • 砂糖:大さじ3
  • しょうゆ:大さじ3
  • みりん:大さじ3
  • 料理酒:100㏄
  • 味噌:70g
  • しょうがすりおろし:大さじ1
  • 水:600cc
  • 牛すじを下茹でしたゆで汁:200cc
スポンサーリンク

作り方

1.

牛すじは軽く水洗いをして、茹でこぼし(下茹で)します。

鍋に牛すじと、牛すじが浸るぐらいの水を入れて火にかけます。

2.

沸騰したら浮いてきたアクを取り除きます。

最初の軽くアクと油を落とす下処理なので、ざっとアクを取り2~3分程茹でたら湯を捨て、ざるに上げておきます。

3.

茹でこぼしして、ざるに上げた牛すじはそのまま冷まして粗熱を取ります。

4.

その間に板こんにゃくの下処理をします。

板こんにゃくは、写真のようにスプーンなどで適当なサイズにちぎり取っておきます。

5.

ちぎったこんにゃくは下茹でしてアク抜きしておきます。

6.

下茹でしたこんにゃくはざるに上げておきます。

7.

粗熱が取れた牛すじを、適当な大きさにカットします。

固く滑りやすいので、キッチンペーパーなどを敷いてその上でゆっくり切ると良いでしょう。

8.

2回目の下茹でをします。

水:1200ccと料理酒:200ccを鍋に入れます。
カットした牛すじと、スライスしたしょうが1片と長ねぎを入れて煮込んでいきます。、

9.

沸騰したら弱火にして1時間~1時間半ほど煮込んでいきます。この際アクが浮いてきたらこまめに取り除いておきましょう。

すじ肉が柔らかくなったら下茹で完了です。
火を止めます。

時間に余裕があれば、この状態で一晩寝かせておくと良いでしょう。一晩放置することで、油とゼラチン質が固まって取り除きやすくなります。

10.

すじ肉とゆで汁を取り分けます。

ゆで汁はざるなどで漉して、余分な脂分や沈殿物を取り除くと良いでしょう。

11.

水:600cc、茹で汁:200cc、料理酒:100㏄を鍋に入れます。下茹でしたすじ肉、こんにゃくを入れ、火にかけます。

12.

沸騰したら中火にし、砂糖、しょうゆ、みりん、味噌、しょうがすりおろしを加えて味付けをします。

弱火~中火で煮込んでいきます。

13.

30分~1時間ほど煮込んで、煮汁が多少残るぐらいまで煮込めば完成です。

14.

器に盛り付けて、ネギや、お好みで七味唐辛子などをトッピングして完成です。

こってり、トロっとした牛すじ煮込み。寒い日などは熱々の牛すじ煮込みが合います。
また甘辛い味付けで、小さなお子様からご年配の方まで人気のメニューでもあります。
今回ご紹介したように、ご家庭でも上手に作れて美味しくいただけます。

個人的には、お肉屋さんの安売りセールなどで牛すじを多めに購入し、まとめて作って冷凍しています。
一回分ずつ小分けにして、ジプロックなどで冷凍保存しておくと、解凍するだけですぐ美味しい牛すじ煮込みが完成です。

また、工程9.の下茹でまでしておいて冷凍保存しておくと、牛すじカレーなど他の料理に応用でき、大変便利です。ぜひご参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました