簡単、ヘルシー!鯖缶を使ったパスタ

料理

ここ数年その効能が注目されている食材“サバ”。

このサバに含まれるEPAやDHA、ビタミンDは、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、
善玉コレステロールを増やしてくれるらしく、動脈硬化や生活習慣病の予防に効果があると期待されています。

チャンと生サバを調理したりするのがベストなんでしょうが、そんなヒマもなく、手間もかかるし、サッと簡単に…。そんな時に重宝するのがサバ缶。色々な調理方法がありますが、今回はパスタで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

用意する材料(2人分)

 

  • パスタ:140g
  • サバ缶(水煮):1缶
  • しめじ:1/4パック
  • ニンニク:1片
  • 輪切り唐辛子:適量
  • カイワレ大根:適量
  • きざみのり:適量
  • サラダ油:大さじ2杯
  • めんつゆ:大さじ1杯
  • パスタのゆがき湯:少々
  • 塩コショウ:適量
  • ブラックペッパー:少々
スポンサーリンク

作り方

1.

大きめの鍋に湯を沸かして塩入れ、パスタを湯がきます。(2人分:140gは目安です。お好みの量でOKです。)

2.

フライパンにサラダ油を敷き、みじん切りにしたニンニク、輪切り唐辛子を熱し、ほぐしたしめじを炒めます。みじん切りにしたニンニクについてはコチラも参照に☟
(手間も省けて、保存もきくニンニクのオリーブオイル漬け)

 

3.

サバ身と一緒に中の煮汁を使います。
煮汁は、半分ほど残しておいて下さい。
このサバ缶のサバ身と煮汁半分を一緒にフライパンにうつします。

サバのゴロゴロ感を残したい時は、ここであまりほぐさない方がいいでしょう。
缶詰なので骨ごと食べれますが、気になる方は、あらかじめ、中の大骨を取り除いておいたほうが良いでしょう。

4.

湯であがったパスタを入れ、さらにゆで汁(適量)、めんつゆを入れて最後にブラックペッパーと塩コショウで味を調えます。
出来上がったら、皿に盛り付け、カイワレ大根、きざみのりをトッピングして完成です。

サバ風味を生かすため、今回、和風の味付けであっさり仕上げてみました。

もう少し濃い目がお好みのでしたら、料理酒や醤油を足したり、色々なアレンジしてみてはいかがでしょうか?
ヘルシーなサバをもっと手軽に食卓に。そんな献立のお役に立てればと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました