手間も省けて、保存もきくニンニクのオリーブオイル漬け

料理

「では、まず初めにフライパンに油を引いて、ニンニクのみじん切りに火を入れま~す。」

ハイハイ。了解です。ニンニクのみじん切りね。

って、そうそうこうやってな、皮をむいてな、ほんでもってな、みじん切りにしてな、あ~面倒くさっ。
ほんでもってな、これこれ、手ぇクサっ‼って。

そんな事を想像しただけで、すでに料理やる気なし。

そんな事態を回避するためにも、今回の作り置きシリーズは、大変お役に立つと思います。
しかも保存も利くのでさらに便利です。

また、抗がん作用や疲労回復など健康にも効果が期待されているそうです。
まさにイイことづくめのニンニクオリーブ漬け。万能保存調味料です。ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

用意する材料

  • ニンニク:1房
  • オリーブオイル:100cc~120cc
  • ガラスの空き瓶(蓋付き)
スポンサーリンク

作り方

1.

ニンニクは皮が剥きにくい場合があるので、その場合は根っこの方の、底の部分を薄く切って水につけておくとよいでしょう。(目安として10分~20分位で)

ガラスの容器は煮沸消毒をして自然乾燥させておきます。沸騰したお湯の入った鍋に瓶を沈めて弱火で10分位消毒すればOKです。

2.

皮をむいたニンニクはキッチンペーパーなどでしっかりと水分をふき取っておきます。
できればさらに1時間ほど風通しの良い場所で乾かしておくと良いでしょう。

3.

ニンニクをみじん切りにしますが、左の画像のようにまずニンニクを縦に半分に切って中の芯を取り除いておきます。
芯の部分にはエグ味が多少なりともあるので、除いておいた方が、保存するには良いかと思います。

4.

みじん切りにしたニンニクを用意した瓶に詰め、オリーブオイルで浸せば完成です。

冷蔵庫で保存すれば1ヶ月は持ちます。
オイル成分が冷えて白く固まると思いますが、溶ければ問題なく使えます。

オリーブオイル漬けの中に鷹の爪を入れたり、バジル、ローズマリー、タイムなどの生ハーブや乾燥ローリエを入れたりして、本格的な香りのオイルを作ってみるのも面白いと思います。

ニンニクはみじん切りに限らず、スライスや、切らずにホールごと入れても大丈夫です。

イタリアン料理はもちろんのことその他、中華やエスニック料理にも色々なシーンで幅広く使っていただきたい、保存調味料です。

一度試してみてはいかがでしょうか?大変便利です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました