パクチーたっぷり消費レシピ!しらすとパクチーのチヂミ

料理

独特な香りが特徴のパクチー。
ちょっとした料理のアクセントにと購入したものの、使い切れずに余ってしまうことが良くあります。

パクチー好きでもさすがに毎日パクチーサラダはキツいものがありますし、何とか使い切ろうと色んなレシピを検索して…。あるある話ですよね。

そこで今回はパクチーを使ったチヂミを作ってみました。
シラスと一緒に焼いてみたのですが、シラスの磯の香りとパクチーの香りがいかにもタイ料理っぽく、ビールのアテなどにピッタリです。

パクチー料理のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?おススメです。

スポンサーリンク

用意する材料(チヂミ1枚分)

  • パクチー:1株分
  • 釜揚げしらす:30g

※パクチーの量はあくまで目安です。お好みで2~3株に増やしていただいてOKです。

  • 小麦粉:30g
  • 白玉粉:40g
  • 鶏がらスープの素:小さじ1/2
  • 水:130cc
  • ごま油:大さじ2
スポンサーリンク

作り方

1.

チヂミの生地を作ります。

小麦粉、白玉粉、鶏がらスープの素を混ぜ合わせ、水を加え溶いておきます。

2.

パクチーは粗めのみじん切りにします。

3.

チヂミの生地にパクチーとしらすを加えます。

4.

よく混ぜ合わせておきます。

5.

フライパンにごま油を入れ火にかけます。

温まったら中火にして、チヂミのタネを広げながら流し込み焼いていきます。

6.

裏面がこんがりと焼けて来たら、裏返して表面を同様に焼いていきます。

7.

両面がカリッと焼けたら火からおろし、食べやすい大きさにカットします。

器に盛り付けて完成です。

今回のタレは、ポン酢1:みりん1を混ぜ合わせて作りました。
お好みでラー油やネギ、いりゴマなどを加えてもらってOKです。

今回はパクチーを薄焼きのチヂミにしてみました。

タイ料理には「カイチアオムーサップ」という玉子焼きがあります。
ひき肉とパクチーやホラパー(タイのバジル)を入れたオムレツで、タイで人気の定番メニューです。

この玉子焼きをチヂミ生地に代えてみたのですが、手軽につまめますので「おつまみ」として召し上がれます。

また、タレは今回ポン酢だれでご紹介しましたが、タイのチリソースやスイートチリソースなどもよく合います。お好みの味でパクチーとしらすのチヂミをお試しください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました