家庭でできる かんたん居酒屋メニュー 砂肝とピーマンの鉄板焼き

おうち居酒屋

砂肝は低カロリー&低糖質な食材。
それでいて実はたんぱく質、ビタミンB12、ビタミンK、鉄分、亜鉛など健康面で嬉しい栄養素が多く含まれています。

今回は居酒屋などでもお馴染みの、砂肝鉄板をご紹介します。

熱した鉄板(スキレット)に盛り付けそのまま食べると雰囲気はもう居酒屋。
しかもアツアツの砂肝が食欲をそそります。

簡単に作れますので、チョットしたおつまみにもおススメです。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 砂肝:200g(下処理後正味量120~130g)
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • ピーマン:2個
  • 赤パプリカ:1/8玉
  • 鶏がらスープの素:小さじ1
  • 塩コショウ:適量

  • スキレット:小サイズ1枚

小さめのスキレット(鉄板)は100円ショップなどで販売されています。
アウトドア以外で使うイメージがあまりないと思いますが、1枚用意しておくと色々な場面で使えて便利です。

スポンサーリンク

作り方

砂肝の下処理

1.

砂肝の下処理をします。

まず、2つに切り分けます。

2.

次に青白い部分、銀皮を剥ぎます。

砂肝を縦置きにして銀皮の端に切り込みを入れます。

3.

切り込みを入れた部分を手でつまみ、剥がします。

4.

下まで剥がしたら最後は包丁で切り落とします。

上手く手で剥がせなかったり砂肝が小さく、剥がすのが難しい場合は、切り込みを入れた包丁でそのまま削ぎ切りし、切り落としてもらってOKです。
銀皮の下処理をご紹介しましたが、必ずしもやらないといけないわけではありません。
ただ、銀皮の部分が固いためそのまま調理をすると、食感を損ねがちですので下処理するのが一般的です。固さが気にならない方など色々好みがあると思います。ご参考にしてください。

5.

砂肝のサイズが大きく、肉厚の場合は縦に半分に切り分けます。

6.

厚さを揃えたら、横に軽く切り込みを入れます。

7.

これで下処理は完了です。

砂肝をバットなどに分けておきます。

砂肝とピーマンの炒め物の作り方

1.

玉ねぎはざっくりと6等分に切ります。

ピーマンとパプリカは大きめに、2cm角の大きさにカットします。

2.

フライパンに油を入れ、火にかけます。

温まってきたら下処理した砂肝を入れ、炒めます。

3.

玉ねぎを加え炒めます。

4.

さらにピーマン、パプリカを加え炒めます。

鶏がらスープの素を入れて味付けをします。

5.

炒めながら味見をし、最後に塩コショウで味を調えます。

6.

砂肝を炒めながら、空いているガスコンロでスキレット(鉄板)を火にかけ、熱しておきます。

7.

熱したスキレット(鉄板)に炒めて砂肝を移し、盛り付けて完成です。

フライパンでサッと炒めるだけの簡単メニューです。
ビールのあてにピッタリ。

ご飯のおかずにもおススメです。

また、鉄板がなくてももちろん大丈夫です。

普通にお皿に盛り付けて召し上がっていただいてOKです。

砂肝は比較的安く購入でき、経済的にもお得です。
また、あらかじめ下処理した砂肝もスーパーなどで販売されていますので、その場合は炒めるだけで済みます。

ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました