いわし蒲焼きの缶詰でつくるサンドイッチ

料理

いざという時に重宝するのが缶詰。
長期保存でき、非常食としても欠かせない存在です。

味付けがしてあるものは、そのまますぐに食べることができ便利です。

今回はいわしの蒲焼の缶詰を使ったサンドイッチをご紹介します。

スポンサーリンク

用意する材料(2人分)

  • キャベツ:1~1.5枚
  • 玉ねぎ:15g(約1/8玉)
  • マヨネーズ:大さじ2
  • バター:適量

  • サンドイッチ用のパン:4枚
  • いわし蒲焼の缶詰:1缶(100g)

スポンサーリンク

作り方

1.

キャベツはせん切りにします。

玉ねぎは薄くスライスします。

2.

パンは軽くトーストし、バターを塗ります。

3.

カットしたキャベツと玉ねぎを乗せます。

4.

その上に、いわし蒲焼きを並べます。

5.

マヨネーズを全体にかけます。

6.

再びキャベツを乗せます。

7.

最後にトーストをのせ、サンドイッチにします。

適当な大きさにカットし、器に盛り付けて完成です。

定番のいわしの蒲焼の缶詰。
甘辛い“あの味”をカツサンドに見立てて作ったサンドイッチです。

青魚ですのでEPAやDHAはもちろん、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB12も豊富。

簡単調理でしっかり栄養も取れておススメです。

タイトルとURLをコピーしました