さっぱりおいしい! 鶏レバーの甘辛煮 レモン風味

料理

レバーは身体にも良い食材と言われています。
たんぱく質や鉄分・亜鉛・ビタミンAなど豊富な栄養素が含まれていて、 特に鶏レバーは牛や豚のレバーに比べてビタミンAが最も多く含まれています。

今回はこの鶏レバーを使った、甘辛煮のレモン風味の作り方をご紹介します。

レモン?と意外に思われるかもしれませんが、これが爽やかな酸味と香りでさっぱりと食べやすくなります。
ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 鶏レバー:300g

  • しょうゆ:大さじ2
  • 砂糖:大さじ2
  • みりん:大さじ1

  • 料理酒:大さじ2
  • 水:100㏄
  • しょうが:1片
  • レモン:1/4玉

スポンサーリンク

作り方

鶏レバーの下処理

1.

まず鶏レバーの下処理をします。

レバーは白い脂肪の部分を切り落とし、ひと口サイズにカットします。

2.

ハツの部分は薄皮をむき、白い脂肪の部分を削ぐように切り落とします。

さらに縦に半分に切り、中の黒い血のかたまりを取り除きます。

 

3.

カットしたレバーとハツを水で洗います。

3~4回レバーを洗って水を変えるのを繰り返し、水のにごりがほぼ取れるまでレバーを洗います。

そのまま10分ほど水に浸けておきます。

4.

鍋に湯を沸かし、沸騰したらレバーを入れます。

 

5.

再沸騰したら箸などでレバーを軽く混ぜ、その後ざるに上げます。

甘辛煮の作り方

6.

しょうがは皮をむき、すりおろしておきます。

レモンの皮をむき、細かく刻みます。

残った実の部分は絞ってレモン果汁にし、種などを取り除いておきます。

 

7.

水、料理酒、しょうゆ、砂糖、みりん、すりおろしたしょうがを鍋に入れ混ぜ合わせ、煮汁を作ります。

8.

煮汁を火にかけ沸騰したら、下茹でしたレバーを入れます。

再び沸騰したら弱火~中火にして煮込んでいきます。

 

9.

焦がさないように火加減に注意しながら煮込みます。

弱火でじっくり煮込むのが良いでしょう。

煮汁が少なくなったら火を止め、そのままにして粗熱を取ります。

10.

鍋肌がさわれるくらいまで粗熱が取れたら、レモンの皮とレモン汁を入れよく混ぜ合わせます。

 

11.

器に盛り付けて完成です。

定番の鶏レバーの甘辛煮にチョッとひと手間を加えたレモン風味のレバー煮です。

タッパーなどに入れ、冷蔵庫で保存すると3~4日は持ちます。
また、火を止めて粗熱を取った後にレモンを加えるので、時間が経っても酸味と香りはしっかり残っています。

レバーが苦手な方もぜひ試してみてください。

こちらの鶏レバー料理もおススメです。↓

タイトルとURLをコピーしました