生のままでも美味しく食べれる。手間なく簡単!春菊のサラダ

料理

春菊といえば鍋料理の具材として欠かせない食材の1つですね。
旬の時期も11月~3月の冬野菜ですが、独特な苦みが特徴で好き嫌いも分かれる野菜かもしれません。

しかし、βカロテンやビタミンC、カルシウムや鉄などを含む栄養豊富な野菜でもあり、自律神経を整える効果があるといわれています。ぜひ摂取したい食材でもあります。

大抵は前述のように鍋に入れたり、おひたしにしたりしますが、実は生の方が独特の苦みも少なく葉も柔らかいので手軽に食べれます。

今回は春菊を生のままサラダにしてみました。
あっさりとして、以外な甘みとほのかな苦みで美味しく召し上がれます。

併せて「柚子こしょうドレッシング」の作り方もご紹介させていただきます。
ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 春菊:150g

  • ベーコンブロック:60g
  • ちりめんじゃこ:10g

柚子胡椒ドレッシングの材料と作り方

  • 柚子こしょう:小さじ1
  • めんつゆ(2倍濃縮タイプ):大さじ1/2
  • オリーブオイル(サラダ油でも可):大さじ2
  • ぽん酢:大さじ1.5

 

調味料をすべて混ぜ合わせておきます。

これで柚子こしょうドレッシングの完成です。

スポンサーリンク

作り方

1.

春菊の葉の部分を手でちぎって、茎の部分と分けます。
今回は葉の部分だけを使います。
余った茎の部分はおひたしや胡麻和え、味噌汁の具材、炒め物などに使われると良いでしょう。

2.

先ほどちぎった葉の部分を洗った後、
しばらく水に浸けてシャキッとさせておきます。

 

3.

ベーコンブロックは5㎜角ぐらいの大きさにカットします。

4.

フライパンに油を少量入れ、中火で焦げ目が付くぐらいまで炒めておきます。

5.

春菊の葉を、ざるに上げて水気を切ります。

ある程度水気が切れたら、キッチンペーパーなどで、もう一度軽く水気を拭き取っておきます。

6.

春菊の葉と炒めたベーコンブロック、さらにちりめんじゃこをざっくりと混ぜ合わせて、お皿に盛り付けます。
先程の柚子こしょうドレッシングをかけて完成です。

春菊の葉を水洗いしただけの簡単なサラダですが、風味も食感も良く、ビタミンも取れ、美味しくいただくことができます。
冒頭の記述のように苦みも少ないので、今まで春菊が苦手だった方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました