いろいろな料理におススメ 万能!ごま味噌だれ

料理

毎日の食卓に欠かせない味噌。
味噌汁はもちろん、色々な料理の味付けに使われ、ホッと安心する味です。

今回はこの味噌にごまを合わせた「ごま味噌だれ」の作り方をご紹介します。

健康食材として注目を集めるごま。そしてこちらも発酵食品として知られる味噌。

ごまには不飽和脂肪酸をはじめ、たんぱく質、食物繊維、鉄分・カルシウム、ビタミンが豊富に含まれ栄養分を補ってくれます。 中でもセサミンは高血圧予防やコレステロール低下が期待される注目の成分です。

味噌は麹による発酵食品の代表格で、多様な栄養成分が含まれています。味噌のもととなる大豆にはリノール酸、大豆レシチン、サポニンなど、悪玉コレステロールを下げる成分が含まれています。

これらを合わせたごま味噌だれ。
ダブルの栄養を備えている上に、色々な料理にかけたり、炒め物の味付けに使え万能のたれです。

作り方もいたって簡単。
作り置きもできおススメです。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 味噌(麦、米などお好みの味噌でOKです):100g
  • みりん:50㏄
  • 料理酒:20㏄
  • しょうゆ:小さじ1
  • 砂糖:40g
  • 白ごま:大さじ3
  • マヨネーズ:小さじ2
スポンサーリンク

作り方

1.

鍋にゴマ以外の材料をすべて入れ、火にかけ混ぜ合わせていきます。

2.

ひと煮立ちしたら弱火で焦がさないよう1~2分煮詰めます。

その後火を止めたら、ゴマを入れ混ぜ合わせます。

3.

必要な分だけよそってお使い下さい。

残りは冷蔵庫で保存できます。

今回ご紹介したごま味噌だれ。
酸味とコクを出すためにマヨネーズを加えました。

市販のごまだれや味噌ダレも使い勝手が良く便利ですが、味が濃かったり、使い切れないで冷蔵庫で期限切れになったりしがちです。

お好みの味でオリジナルのごま味噌だれを、必要な分だけ作っておくと、無駄もなく便利です。

また、煮沸消毒した瓶などに移し替えて冷蔵庫で保存すれば、1ヶ月近くは日保ちします。

色々な料理に合うごま味噌だれ。
ぜひご参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました