食べ出したら止まらない!ご飯のお供に ゴーヤの味噌炒め

料理

夏になると店頭に並ぶゴーヤ。夏野菜の王道といった感があります。

見た目も特徴的で“苦い”といったイメージが強い上に、メニューもゴーヤチャンプルーぐらいしか思い浮かばなくて、そんなに頻繁に調理はしないかもしれません。

そんなゴーヤですが、ビタミンC、鉄分、食物繊維、カリウムなど豊富な栄養素が含まれていますので、ぜひ積極的に食していただきたいものです。

今回は保存もでき、ご飯のお供にもなるゴーヤの味噌漬けをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

用意する材料(5~6人分)

  ー調味料Aー

  • 味噌(お好みの味噌で可):100g
  • 砂糖:40g
  • みりん:50㏄
  • 料理酒:20㏄
  • しょうゆ:小さじ1
  • ごま油:小さじ1
  • 差し水:適量

  • ゴーヤ(普通サイズ):1本
  • いりごま:適量
  • かつお節:適量
スポンサーリンク

作り方

1.

調味料Aの材料をすべて鍋に入れて火にかけ、ベースとなる味噌だれを作ります。

ひと煮立ちしたら火を止めて置いておきます。

2.

ゴーヤは縦半分に切り、中の綿と種を取り除き、
2~3㎜の厚さでスライスしておきます。

3.

フライパンにごま油を入れ、スライスしたゴーヤを炒めていきます。

固めのゴーヤの食感がお好みの方は、軽く炒める程度で良いでしょう。
逆に柔らかく仕上げたいときは、弱火で長めに炒めて、しんなりさせておいて下さい。

4.

ゴーヤに火が通ったら、あらかじめ作っておいた味噌だれを入れて炒めます。

途中で差し水をし、弱火で5分程煮込みます。

煮込めたら火を止めて、いりごま、かつお節を入れ混ぜ合わせます。

5.

器に盛り、完成です。

冷めたらタッパーに移すなどして、冷蔵庫で保存しておくと4~5日は持ちますので、お好きな分量を取り出してお召し上がりください。

沖縄には地元のソウルフードとして「卵ポークのおにぎり」がありますね。

今ではオシャレにライスバーガーみたいに挟んであったりしますが、
以前、沖縄で食べたのは、おにぎりの中にこのゴーヤの味噌炒めがねじ込んであり、
(フツーは“油味噌”という味噌を使うらしいです)その上にスパム(沖縄のポークハム)が乗り、
さらにその上に卵焼きが乗り、それをラップで包んで強引に握り固めた、素朴な代物でした。

これがまた最高にウマし!ご飯とゴーヤの相性が抜群だと思い知らされた一品でした。

お時間のある時に、このゴーヤ味噌を使った卵ポークおにぎりにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました