おススメ!つわぶきとわらびの山菜炊き込みご飯

料理

春の訪れを告げる山菜。色々な種類の山菜がありますが、どれもシンプルで素朴な味わいです。

そんな春の食材を使って炊き込みご飯などはいかがでしょうか?

今回はつわぶきとわらびを使った炊き込みご飯をご紹介します。

どちらも生の食材から作っていますので、下処理がチョット面倒ですが、やはりパックの水煮で作るのとはひと味もふた味も違って、風味も良く美味しく仕上がります。

素材の味を活かした田舎料理。ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 米:2合
  • つわぶき(湯がいて下処理したもの):80g
  • わらび(アクを抜いて下処理したもの):80g
  • 油揚げ:1枚
  • 生姜:1片(5g程度)

 ー調味料 Aー

  • 料理酒:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ2
  • みりん:大さじ1
  • だしの素(顆粒):小さじ1/2杯
  • 塩:小さじ1/4杯
つわぶきは下処理(皮をむいてあるもの)してあるものを使います。
鍋に湯を沸かして、沸騰したら適当な大きさにカットしたつわぶきを入れて、5~7分茹でてざるに上げておきます。
(太さや大きさによって茹で時間は多少変わってきます。その都度ご確認ください。)
スポンサーリンク

作り方

1.

米2合を研ぎ、ざるに上げておきます。

2.

ふきは7~8㎜に小口切りにし、わらびは3~4㎝の長さにカットしておきます。

油揚げはサッと湯通しし、油抜きをした後細切りに、生姜は千切りにしておきます。

3.

炊飯器の内窯に研いだ米を入れ、
調味料 Aの、○印の調味料全てを混ぜ合わせます。

あとは、2合の炊飯の目盛りに合わせて水を入れ、軽く混ぜ合わせておきます。

4.

刻んだ具材を3.の上にのせ、炊飯のスイッチを入れます。

後は炊き上がるのを待ちます。

5.

炊き上がったら、ご飯と具材をほぐして混ぜ合わせます。

6.

ご飯茶碗などに盛り付けて完成です。

つわぶきの香りとわらびの食感が楽しめる炊き込みご飯です。

具材と調味料を用意すれば後は炊飯器にセットし、炊き上がるのを待つだけ。
手間も省けて、その間にもう一品おかずも作れます。

ぜひメニューに加えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました