家庭で作る本格的インド料理Ⅰ チキンカリー

料理

かつてのエスニック・ブームから数十年が経ちますが、今や一般的に浸透してきた感のある“インド料理”。
レトルトカレーも充実しており、簡単にその味を楽しむ事ができます。

しかし、たまには一から手作りカレーにトライしてみてはいかがでしょうか?

かつてのエスニック・ブームの際に教わったレシピですが、玉ねぎとヨーグルトを使った本格インドカリーです。スパイスさえ揃えておけば、後は普通の食材で出来ます。
多少時間はかかりますがその工程もまた楽しいものです。ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

用意する材料(5人分)

  • 玉ねぎ:600g

  • 鶏むね肉(ひと口大に切ります):600g

 (A)

  • ヨーグルト:120g
  • にんにく:30g
  • しょうが:25g
  • ガラムマサラ:小さじ3
  • コリアンダー:小さじ(大盛り)3
  • クミン:小さじ3
  • ターメリック:小さじ1
  • 塩:小さじ1と1/2

  • サラダ油:100㏄

 (B)

  • ヨーグルト:200g
  • 水:400cc
  • サラダ油:50cc
  • クミンシード:小さじ3
  • カイエンペッパー:小さじ3
  • カルダモン(殻を剥いておきます):小さじ1
スポンサーリンク

作り方

1.

(A)の材料をすべて混ぜ合わせたヨーグルトソースにひと口大に切った鶏むね肉を漬け込みます。

1時間~2時間程漬け込んでおきます。

2.

鶏むね肉を漬け込んでいる間に、
たまねぎを炒める工程に入ります。

まずは、たまねぎを全部みじん切りにします。

3.

フライパンにサラダ油:100㏄を入れて、中火でクミンシードに火を入れます。

4.

クミンシードがパチパチとはじけ始めたら、
みじん切りにした、たまねぎを入れて炒めていきます。

5.

ここからが少し手間ですが、玉ねぎがあめ色になるぐらいまで炒めます。

火を入れ続けて画像のように量が半分以下になってきたらOKです。
火を止めて置いておきます。

焦がさないように炒めていきますが、中火から弱火の間の火加減で、絶えず混ぜていくことがポイントです。
目安として30分~40分ぐらい炒めることになると思います。
今回、ここが一番の試練、根気よくやっていきましょう。

6.

鶏肉の漬け込みが、ほど良い頃加減になったら、炒めていきます。

深手の鍋に(B)のサラダ油:50㏄を入れて火にかけます。さらにカイエンペッパーを入れます。

7.

中火にして、漬け込んだ鶏むね肉をソースごと全て鍋に移して炒めていきます。

8.

焦がさないように気を付けて火を入れます。
鶏肉の表面が白くなって、少し火が入ってきたら
水:400ccを足して煮込んでいきます。

9.

グツグツと煮えてきたら、弱火で20分程煮込みます。

その後、炒めたたまねぎと(B)のヨーグルト、カルダモンを入れて混ぜ合わせます。

10.

すべてを混ぜ合わせたら、さらに20分程煮込んでいきます。

焦がさないように、こまめに混ぜていきましょう。

11.

ライスやナンなどお好みで盛り付けて完成です。

12.

余ったカリーは十分冷ましてから、フリーザーバッグなどに小分けして、冷凍保存すると良いでしょう。

2~3ヶ月は日持ちします。

完成まで4~5時間ぐらいかかるかもしれません。
ですが、完成して一口食べた時に、口に拡がる香辛料の香りとスパイシーな味は、尚更格別です。

ヨーグルトの酸味と後からくる旨み、辛味はクセになります。
ぜひ“至福”のカレー作りの時間、楽しんでみてはいかがでしょうか?

各スパイス、香辛料はコチラ↓

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました