昔ながらの優しい春の味 つわぶきの煮びたし

料理
スポンサーリンク

春の訪れを感じさせる食材のつわぶき。
独特の香りと柔らかな味が特徴です。

最近ではスーパーなどでもよく見かけるつわぶきですが、下処理してあるものが多く、簡単に調理できます。

今回はシンプルに煮びたしにしてみました。
季節限定の春の味、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料(4~5人分)

  • つわぶき(むきつわ=下処理済):1束
  • 油揚げ:小2枚

【煮出し汁】

  • 水:400cc
  • 白だし:50㏄
  • みりん:50㏄
  • しょうゆ:小さじ1
スポンサーリンク

作り方

1.

鍋に湯を沸かし、3~5㎝にカットしたつわぶきを茹でます。

太さや大きさによりますが、5~10分の目安でお好みの硬さに茹でて下さい。

2.

茹で上がったらざるに上げ、すぐに冷水に浸けるか、または流水にさらします。
(緑を鮮やかにするためです。)

3.

鍋に調味料を入れて煮出し汁を作ります。

火にかけ沸かします。

沸騰したら短冊切りにした油揚げを入れ、再びひと煮立ちさせます。

4.

油揚げを入れてひと煮立ちしたら、弱火にして、下茹でしたつわぶきを入れます。

そのまま弱火で10分程煮込みます。

5.

火を止めて、煮汁に付けたままの状態で味をなじませます。

その後、皿に盛り付け完成です。

つわぶきといえば下処理が大変で、サッと茹でて皮をむいてと手間がかかるイメージを持たれる方も多いと思います。

しかし、上述のように下処理をしたつわぶきも販売されており、手軽に春の味を楽しめるようになりました。
ぜひご参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました