低カロリーであっさりヘルシーに!穴子の酢の物「穴ざく」

料理

鰻といえばウナギの蒲焼、うな重が定番ですが、「うざく」というメニューをご存知でしょうか?
鰻の酢の物のことで、意外な組み合わせですが、これが隠れた逸品で美味しいんです。

そして今回ご紹介するのが「うざく」の穴子バージョンの「あなざく」です。
これもまた食べてみると意外な美味しさで、なんといっても鰻に比べてお手頃な値段で手に入り、調理しやすいのが魅力です。
高価な鰻だと、どうしても酢の物にするよりは、うな重になってしまいますもんね。

おススメは穴子。
とりあえずは騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

用意する材料(2~3人分)

  ♦甘酢(三杯酢)

  • 米酢:50㏄
  • みりん:100㏄
  • 砂糖:大さじ1.5
  • めんつゆ:20㏄
  • 水:10㏄

  • 穴子の蒲焼(市販のもので可):1尾
  • きゅうり:1本
  • わかめ(乾燥わかめを戻したもので可):適量
  • しょうが:1片
スポンサーリンク

作り方

1.

最初に甘酢(三杯酢)を作ります。

みりんを耐熱ボウルに入れ、電子レンジ600wで1分30秒間加熱して沸騰させ、アルコールを飛ばします。

(取り出す際かなり熱いので十分気をつけてください。)

♦甘酢(三杯酢)の残りの材料を鍋に移し、火にかけます。
ひと煮立ちしたら火を止めてそのまま冷ましておきます。

2.

きゅうりは輪切りにスライスし、塩揉みしておきます。

 

3.

塩揉みしたきゅうりを絞っておきます。
塩気が強すぎた場合は、軽く水で洗って塩味加減を調節して下さい。

しょうがはスライスし千切りにしておきます。

4.

用意しておいた甘酢(三杯酢)にきゅうり、わかめ、しょうがを混ぜ合わせ「きゅうりの酢の物」を作ります。

5.

市販の穴子を電子レンジで軽く加熱するか、トースターで温め直し、食べやすい大きさに切り、酢の物→穴子→酢の物の順で重ねて完成です。

(温めずに常温で和えるだけでもOKです。お好みでどうぞ。)

鰻と穴子。
ご存知のように値段は鰻の方が高く、栄養価もやはりビタミンAなどを含む鰻の方が高くなっています。

しかし、それはあくまでも鰻との比較であって、穴子という食材の持つ栄養価が決して低いわけではありません。
逆に言えば穴子は、低カロリーなのに高タンパクで、脂質が少なくコレステロールが少ないという利点もあり、体調やお好みに合わせて食べ分けてみても良いと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました