豚ロース肉とオクラの豆鼓炒め

料理

夏野菜のオクラ。今ではどこのスーパーでも見かけ、一般的な食材として知られています。

日本では茹でで和え物にしたり、刻んでポン酢をかけたりといった“アッサリ”とした味付けや調理法が多いと思いますが、元々海外では炒めたり、煮込んだりといった調理メニューもあり、幅広い使われ方をしています。

今回はオクラを使っての炒め物をご紹介します。
ご飯のおかずに、ビールのあてに、そしてスタミナ補給にぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料(2人分)

  • しめじ:1/2株
  • オクラ:6~7本
  • ミニトマト:2個
  • めんつゆ:大さじ1
  • 料理酒:大さじ1
  • 水:大さじ1
  • 豆鼓:7~8g(25粒くらい)
  • 塩コショウ:適量

  • とんかつ用豚ロース(厚切り)
    :2枚(180~200g)
スポンサーリンク

作り方

1.

オクラはサッと下茹でをし、冷水にさらしておきます。

2.

豚ロースは1㎝幅位でカットします。
茹でたオクラは水気を切り、斜めに1/2にカットします。
しめじはほぐしておき、ミニトマトは4等分しておきます。

豆鼓は粗目のみじん切りにしておきます。

3.

フライパンに油を入れて、カットした豚ロースを炒めていきます。

ここでいったん、塩コショウで下味をつけておきます。

4.

めんつゆ、水、料理酒、さらに刻んだ豆鼓を入れて炒めていきます。

5.

しめじを入れてさらに炒めます。

(ここで、いったん味見をして、塩コショウを加減して頂いてもOKです。)

6.

最後にオクラとミニトマトを入れ軽く火を通します。

7.

器に盛りつけ、完成です。

豆鼓そのものはスーパーなどの中華食材のコーナーに置いてありますが、場合によっては入手が困難かもしれません。その場合は豆鼓醤で代用していただいてOKです。その際、豆鼓醤は大さじ1ぐらいを目安にしてお好みで加減してください。

今回は豆鼓醤ではなく、豆鼓そのものを刻んで使用しているため、思いのほかあっさりとして食べやすいと思います。そして時々一緒に噛む豆鼓の味が、食欲をさらに掻き立て、食が進むこと間違いなしです。

豚肉との相性も良く免疫力アップにもつながります。

ユウキ 中華材料 豆鼓(トウチ) 100g
Sマート 楽天市場店
¥ 280(2020/08/16 17:05時点)
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました