年に一度のおまとめ下処理がおススメ!実山椒の下ごしらえ

料理

ピリッととした辛さと独特の香りが特徴の山椒。
日本原産の香辛料として昔からお馴染みですね。

5~6月にかけて収穫される青い実は、特に苦みを含んだ辛さが特徴です。
店頭で見かけますが、どう処理して、どう使うかいまいちでピンと来ないですよね。

今回は実山椒の下処理をご紹介します。

水に浸けておくだけの簡単な下処理です。
ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • 実山椒:適量
  • 塩:適量
スポンサーリンク

作り方

1.

山椒の実は枝から外して水洗いをし、汚れを落としておきます。

2.

鍋にたっぷりの湯を沸かして山椒の実を茹でます。

弱火から中火で5~6分間ほど茹でます。

茹で上がりの目安としては、山椒の実を指で押した時、潰れるくらいまで茹でるのがベストです。
収穫された時期により、硬さが違いますので確認した方が良いでしょう。

3.

茹で上がった山椒の実はいったんざるに上げます。

その後水に浸けて辛みを抜きます。

水に浸けて辛みを抜きますが、途中で何度か水を入れ替えます。
また、水にさらす時間は1時間位が目安ですが、1粒噛んで味を確認すると良いでしょう。
場合によっては3~4時間ほど水にさらす場合もあります。お好みの辛さに調整してください。

4.

辛味が整ったらざるに上げ水気を切ります。

キッチンペーパーなどで、さらにしっかり水気を拭き取ったら、ジプロックなどに小分けにして冷凍保存します。

今回は実山椒の下処理をご紹介しました。
仕上がった山椒は冷凍保存しておけば1年は持ちます。必要な時に必要な分だけ使用できて重宝します。

ちりめん山椒、鯖やイワシの山椒煮など色々な料理の味付け、アクセントとしてお使いいただけます。

年に一度まとめて下処理しておくのもおススメです。
ぜひご参考にしてください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
スポンサーリンク
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました