簡単!さっと炒めるだけ イカとアスパラガスのバター炒め

料理

アスパラガスは春先から芽が出始め秋まで収穫できますが、旬は4月~6月です。
輸入品を含めると年中見かける食材になりました。

今回はイカと一緒にバター炒めにしました。

シャキシャキとして甘みのあるアスパラガスと、イカの食感の相性も良くバターの香りが食欲をそそります。
ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

用意する材料

  • アスパラガス:1束
  • イカ(下処理したもの):150~200g

イカはスーパーなどのパック売りで下処理したものでOKです。
また冷凍イカを解凍して、使われても結構です。
  • バター:15g(10g+5gでご用意下さい。)
  • 料理酒:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1/2
  • ブラックペッパー:適量
  • 塩:少々
  • レモンスライス:適量

スポンサーリンク

作り方

1.

アスパラガスは、はかまを取るだけでも結構ですが、根元は硬い繊維が残る場合があるので、ピーラーで皮をむいておくと良いでしょう。

2.

皮をむいたら、5~6cmの幅にカットします。

3.

フライパンにバター(10g)を入れて溶かし、アスパラを炒めます。

4.

軽くアスパラに火が入ったら、イカを加えてさらに炒めます。

さらに料理酒を入れて炒めます。

5.

しょうゆ、ブラックペッパー、塩を入れて味を調えます。

6.

味付けが出来たら火を止めて、仕上げに追いバター(5g)を加えて混ぜ合わせます。

7.

器に盛り付け、レモンスライスを添えて完成です。

今回使用したアスパラガスは標準サイズのものでしたが、太いサイズのものもあります。
その場合は火が通りにくいので、下茹でをしてから炒めると良いでしょう。

アスパラには疲労回復作用のあるアミノ酸の一種・アスパラギン酸や、生活習慣病の予防に効果があるルチンなどが含まれています。

色々な料理に取り入れてみるのも良いでしょう。おススメです。

タイトルとURLをコピーしました