つめたく冷やしてさらに美味しく!あっさりヘルシー オクラのサラダ

料理

夏野菜のオクラ。
βカロテンやビタミンB1、ビタミンCなどが豊富に含まれるため、夏バテ防止に効果があるとされており、便秘や下痢に効く整腸作用なども期待されています。

今回はこのオクラをさらにヘルシーに摂取出来るように、山芋やわかめと一緒にしたサラダを作ってみました。

あっさりしていますので、暑い季節にピッタリのメニューです。
ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • オクラ:1袋
  • 山芋:100g
  • 赤玉ねぎ:1/4玉(約50~60g)
  • 人参:40g
  • 乾燥わかめ:5g
  • ぽん酢:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • いりごま:適量
スポンサーリンク

作り方

1.

オクラを茹でます。

オクラに軽く塩を振り、手で擦り揉みして表面の産毛を取り除いておきます。

2.

鍋に湯を沸かし、沸騰したらオクラを入れて茹でます。

オクラの大きさによって茹で時間は違いますが、1分間位を目安に加減してみてください。

4.

茹で上がったらざるに上げて、直ぐに冷水につけます。

5.

オクラの熱が取れたら冷水からあげます。

キッチンペーパーなどでしっかり水気を切ったら、頭の部分を切り落とし、5㎜程度の厚さで斜め切りにしておきます。

6.

わかめは水に浸けて戻します。

戻し過ぎないように、わかめが開いた位のタイミングでざるに上げます。

7.

戻したわかめは水気を切った後、固く絞っておきます。

他の野菜と混ぜ合わせますので、水気が多く残っているとまんべんなく混ざらなかったり、わかめの水分でサラダが水っぽくなったりします。
また、急な劣化を防ぐためにも、固めに絞っておくことをおススメします。

8.

赤玉ねぎはスライスし人参は千切りにカットします。

1~2分ほど流水でさらした後、ざるに上げて水気をよく切っておきます。

9.

山芋は皮をむき、細めの短冊切りにします。

10.

オクラ、わかめ、カット野菜、山芋をボウルに入れてざっくりと混ぜ合わせます。

 

これでサラダ野菜のセットは完成です。
深めのタッパーなどに移して冷蔵庫で保存し、冷やしておくと召し上がる時に冷製サラダで楽しめます。

11.

ドレッシングを作ります。

ぽん酢、みりん、いりごまを混ぜ合わせて完了です。

12.

オクラのサラダを皿に盛り付け、ドレッシングをかけて完成です。

混ぜ合わせたサラダ野菜のセットを冷蔵庫で保存しておくと1~2日は日持ちもしますので、必要なだけ何回かに分けて召し上がるのも良いかと思います。

オクラを使ったヘルシーサラダ、ぜひおススメです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
料理
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました