サバ水煮缶でつくる 簡単!サバのドライカレー

料理

今回ご紹介するのは、サバ水煮缶で作るサバのドライカレー。

サバのカレー?と敬遠しがちでしょうが、これが意外とイケる一品です。

最近ではサバ缶の味付けも臭みが少なく食べやすいものが多く、色々な料理に使うことができます。

材料も手間も省けて、しかも簡単で美味しいサバのドライカレー。
プラスさばの栄養効果で、言うこと無しの優良メニューです。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

用意する材料

  • サバ水煮缶:1缶(190g)
  • 玉ねぎ:50g
  • ピーマン:1/2個
  • にんにく:1片
  • しょうが:1片

  • カレー粉:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • みりん:小さじ2
  • ケチャップ:小さじ2
  • サラダ油:大さじ1

スポンサーリンク

作り方

1.

玉ねぎ、ピーマン、にんにく、しょうがはみじん切りにします。

2.

フライパンに油を入れにんにく、しょうがを炒めます。

3.

香りが立ってきたら、玉ねぎ、ピーマンを加えさらに炒めます。

4.

軽く火が通ったら、サバ水煮缶を汁ごと全部加えます。

5.

ある程度サバをほぐしながら炒めたら、カレー粉、しょうゆ、みりん、ケチャップを加え味付けをします。

今回はカレー味をカレー粉のみで付けていますが、クミンやコリアンダー、ガラムマサラなどお好みのスパイスを加え、オリジナルの味に調整していただくのもおススメです。

6.

煮汁が減ってくるまで煮詰めたら火を止めます。

お好みの固さ、煮詰め具合で結構です。
低温でじっくりと炒めて、そぼろのようにパラパラに煮詰め、ふりかけのようにすることもできます。
しっとり感を残したい場合は、早めに火を切ると良いでしょう。

7.

ご飯などと一緒に器に盛り付けて完成です。

サバの豊富な栄養は是非とも摂取したいもの。

骨ごと食べられるサバ缶をほぐし、さらに食べやすくカレー味に仕上げていますので、魚を食べるのが苦手な方や、小さなお子さんがいるご家庭にはおススメのメニューです。

タイトルとURLをコピーしました