サバ味噌缶でつくる サバつくねのシソ焼き

料理

サバ缶でつくるおかずシリーズ、今回はサバつくねのシソ焼きです。

サバの身をはんぺんなどの具材と一緒に細かくし、フライパンで焼くだけの簡単メニューです。
味噌煮缶を使いますので味付けも不要。手軽においしく作れます。

チョットしたおつまみに、また青魚の栄養が詰まっていますので、バランスが偏りがちなお弁当のおかずにもおススメです。

スポンサーリンク

用意する材料

  • さば味噌煮缶:1缶(190g)
  • はんぺん:1枚(100g)

  • 卵:1個
  • しょうが:1片
  • 大葉:10枚
  • 片栗粉:大さじ1
スポンサーリンク

作り方

1.

しょうがをすりおろしておきます。

2.

フードプロセッサーに汁気を切ったさば味噌煮と、手でちぎったはんぺんを入れ、挽きます。

3.

ある程度挽けた状態で溶き卵、おろししょうが、片栗粉を加え、さらに挽きます。

フードプロセッサーがない場合は、ボウルにサバ缶とはんぺんを入れ粗めに潰した後、まな板に移し包丁で叩くと良いでしょう。
また、その場合は先に細かくミンチ状態になるまで叩いておきます。
その後再びボウルに戻し、溶き卵、おろししょうが、片栗粉を入れます。
ハンバーグのタネと同じ要領でこねて混ぜ合わすと良いでしょう。

4.

挽いたさば味噌煮を一口サイズの小判型にまとめます。そしてその上から大葉で全体を包みます。

1枚で1個、包むぐらいの大きさでOKです。
これで下ごしらえは完了です。

5.

つくねを焼いていきます。

フライパンに油を入れ火にかけ、温まってきたら、つくねを入れて焼きます。

つくねを入れたら弱火にしてじっくり焼きます。

大葉を焦がしてしまいがちなので、つくねを入れたら弱火にしてじっくり焼きます。
缶詰を使っていますので完全に火を通す必要はありません。
焼き目がつくのを目安にすると良いでしょう。

6.

下面に焼き目が付いたらひっくり返して、もう片面を焼きます。

7.

焼き上がったら器に盛り付けて完成です。

サバ味噌缶のコクと旨味を大葉で包んでさっぱり仕上げました。
一口サイズにしていますので食べやすく、何個でも食べれるおいしさです。

そのままでもおかずになるサバ味噌煮缶ですが、ひと手間加えて普段のおかずのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?
おススメです。

タイトルとURLをコピーしました