【2021年版】いざという時の備えに おすすめ防災リュックを紹介

暮らし・健康

昨今、例年のように災害に見舞われる日本。
地震に限らず、台風やゲリラ豪雨、さらには線状降水帯などといった極端な集中豪雨などによる災害も増えてきています。

まずは命を守るために、安全な場所を確保するための避難が大事です。
しかし、避難の必要が無い場合でも災害が起こると、ライフラインが止まり、水や食料が手に入らなくなることもあります。

ここでは非常持ち出し品がセットになった、おススメの防災リュックをご紹介したいと思います。
いざというときに備えて、「防災セット」を用意しておきましょう。

スポンサーリンク

防災リュックのチェックポイントは?

災害に備える意識が高まる中、ひと言で防災リュックと言っても多くのメーカーからさまざまな仕様の防災リュックが販売されています。どんな防災リュックを選んで、備えておくべきなのか迷ってしまいます。

ここではその防災リュック選びのポイントをご紹介します。

緊急避難に備え何人分、何日分のセットなのかを確認

避難には緊急避難の段階を示す「一次避難」があります。
避難時にすぐに持ち出すべき、必要最低限の備えで、被災時・非常時の最初の1日間をしのぐ為の物品がそろっていることが条件です。

しかし、実際には救援物資が届くまでに、3日ほどの時間がかかると言われています。

従ってその間生き延びられるよう、約3日分の生活用品・水・食料などを入れた防災セットがおススメです。

また、災害時は家族と一緒にいることが難しい場合もあるので、自分の身は自分で守れるよう、1人につき1つ防災セットを用意した方が良いでしょう。
小さなお子様やご高齢の方がいる場合は、負担を軽減するためにも、2人分や3人分など複数人分のセットがおススメです。

状況を想定して、持ち運びやすさを優先に

いざ必要となった時にすぐ持ち出せるのが、まずは第一条件です。

緊急事態ですので、周りの状況に対応できるようにサッと持ち運べて、しかも両手が使えるリュックタイプがやはりベストです。

さらには肩のベルトの幅が広く、パットが付いているものを選ぶと肩への負担が少なくて済みます。

出典:at RESCUE

また、防災グッズは充実しているけど大きすぎて運びにくかったり、詰めすぎて重くなってもかえって避難の妨げになってしまいます。
自分に合ったサイズ、重量を考えて防災リュックを選ぶのも大切なポイントです。

出典:PEACEUP

その点、キャリータイプは、重たい荷物を背負うのが難しいときに便利です。

ただ、災害時は道路が破損してガタガタになっているケースも多く、キャリーで引っ張るのが難しい場合もあります。

リュックとキャリーを切り替えられる2WAYタイプなら、状況に応じて使い分けられるのでおすすめです。

内容をチェック。水や食料、懐中電灯やラジオなどの必需品の完備

防災セットには、主に「情報収集・安全避難用品」「衛生・生活用品」「非常食品」の3種類の防災グッズが入っています。

「情報収集・安全避難用品」

災害時に必要なのは情報です。
手段としてはラジオが有効で、モバイルバッテリーや電池などの付属品も必要になってきます。
ラジオは手動式充電とスマートフォン充電に対応しているもの、さらにはライト機能付いているものなどがおすすめです。

安全に避難するために必要なのが懐中電灯、レインコートやヘルメット。また存在を知らせたり、注意を促すホイッスルなどがこれに当てはまります。

懐中電灯は停電などの場合、必需品となってきます。防水機能が搭載してあるか確認しましょう。

「衛生・生活用品」

衛生・生活用品としては、簡易トイレ、ウェットティッシュ、手袋、毛布、歯ブラシ、救急箱などが必要になります。

特に断水の場合はトイレが使えなくなるので、簡易トイレは必須です。

「非常食品」

非常食品には、水、缶詰、糖分補給の菓子類、ご飯、レトルト食品などがあります。

火を必要とするものや、様々な種類の食品がありますので確認しておくと良いでしょう。
食べ慣れているものが入っているかチェックしておくのも大切です。

救援物資が届くまでの、約3日分の水・食料は備えておくべきです。

追加でグッズを入れられるかどうかもチェック

防災セットを購入したら、追加で必要なものを入れられるかどうかチェックしておきましょう。
貴重品やご自身の携帯の充電器など、個人的に持ち出すものがリュックに収納できるかどうか確認して、追加グッズの優先順位をつけておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

おススメの防災リュック

Defend Future 防災士監修 防災セット 1人用 Relief2

★防災士が企画・開発している防災用品ブランドDefend Futureの商品
既製品を集めた防災セットを販売するのではなく、日本発の防災メーカーとしてのラインナップです。

★2020年度楽天市場ランキングで3冠達成
楽天市場ランキング 防災セット・非常用持ち出し袋部門、防災関連グッズ部門など3部門で第1位を獲得。3冠を達成しました。

防災士が被災者の声から作った防災リュック
被災者の声をもとにした必要最低限のグッズを揃えています。
お1人様お1つの備えを推奨しています。

避難に適した重量設定
大容量のリュックではなく約22ℓの容量で女性や高齢者の方に配慮しています。

お求めやすい価格+安心の5年保証付き
製造元との直接取引で仲介コストをカット。低価格を実現。さらに5年間の保証付きで安心です。

防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セット

★顧客満足度3冠達成!
お客様満足度、プレゼントされて嬉しい防災グッズメーカー、企業が備えたい防災グッズメーカーの3部門で1位を獲得しました。
(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

被災者の声を参考に防災士が厳選した防災グッズ
防災士が被災者の声を元に、避難生活で必要となるアイテムを厳選し、あらゆる基準をクリアした防災グッズをセレクト。

女性や高齢者の方にも安心の重量とセット内容
女性や高齢者でも持てる重量、約5kgを実現し、小さなお子様がいるご家庭にも最適です。

★被災地で活用された実績企業・官公庁でも多数採用
熊本地震の被災地でも活用され、高評価をいただきました。
大手企業、医療施設、自治体、学校や官公庁でも配備され、大人気の防災セット。

グッドデザイン賞受賞! メディアでも多数紹介
これまでの防災グッズになかったスタイリッシュなデザインと機能性が評価され、非常持出袋として初めてグッドデザイン賞を受賞。

HIH ハザードリュック「非常持ち出し袋36点セット」

★防災用品ブランド HIH
福島県の被災企業が考案、制作しています。
体験したからこそ分かる必要な人気グッズのみを厳選。
コンパクトで必要なものだけ備えたい方に喜ばれています。

★累計40,000セット突破
あの震災の年から販売を開始。4万セットを売り上げる人気のセットです。2021年3月期楽天市場の「月間優良ショップ」を受賞。

★全項目の必須級グッズが揃ったバランスの良い防災セット
防災グッズの人気商品を厳選し、1人用としてセットにしました。
ご飯5杯分のエネルギーの羊羹、衝撃を和らげる防災頭巾も付いています。

★専門家からも高評価
必要なものだけが備えてある上にコスパも申し分なく、お得な防災セットとの評価を受けました。

ユーキャン(ココチモ) 防災セット

★震災経験者1000人の声を生かした必需品を完備
いざという時、本当に必要なものは何か?
震災経験者1,000人にアンケート調査を行い、災害時の必需品を厳選しました。

★3日間を乗り切るための充実の内容
消防庁の防災マニュアルは最低3日間の備蓄を推奨しています。
本セットは食料3日分を、トイレは1日あたり5回を基準に3日分をご用意しています。

★ご自身では揃えにくいものが集約
長期保存が可能な食料や水、テレビでも話題となった食品加熱キット、簡易トイレ、携帯の充電器としても使えるラジオ付き防災テレビなど、ご自身では揃えにくいものがまとめて手に入ります。

★オリジナルのカート付きリュック
カート付きのリュックサックをオリジナルで制作。重量の不安を解消。外して使えばリュックだけ、カートだけでもご使用いただけます。

アイリスオーヤマ 防災セット1人用食品付き45点BSS1-45

★アイリスオーヤマ 防災セットシリーズ総累計50万セット突破
防災セット発売から15年。防災士監修のもと、安心の品質と充実のセット内容で数多くのお客様に選ばれています。
(2021年2月20日時点アイリスオーヤマメーカー調べ)

★他社に負けない高機能リュック
必要なものが1つにまとまる40ℓの大容量。
貴重品、常備薬など追加グッズもしっかり収納できます。
広口デザインで荷物の出し入れも簡単。

★充実の寝具・防寒セット
極厚のエアーベッドが冷たく硬い床での不眠を解消。
避難時での体力維持のための睡眠をサポートしてくれます。

★1日3食×3日分の安心の食料品
支援物資が届くまでの食料を備えています。避難場所と言えど少しでも食事が楽しめるように種類も数多く取り揃えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ IRIS OHYAMA 防災セット 1人用食品付き45点BSS1-45
価格:20480円(税込、送料別) (2021/3/27時点)

楽天で購入

 

山善 非常用持ち出し袋 防災グッズ30点セット

★一次避難に特化し、必要品を厳選
まずは命を守るために安全な場所へ逃げるための一次避難。
そのために必要な最低限のグッズを30点揃えてあります。

★追加グッズで自分に合った防災セットを
当製品には水や食料が入っておらず、基本的なセットだけ完備しています。自分に合った食料品などを追加して、オリジナルのセットにできます。

★軽量化で持ち運びも便利に
必要最低限のグッズでセットされているので重量約2kgと軽量化に成功。いざという時も負担が軽くて済みます。

★1人1セット用意できる低コスト
シンプルで必要なものだけを選別していますのでトータルとして低コストを実現。ご家族お一人様ずつ揃えることができ安心です。

LA-PITA 防災セットラピタプレミアム

★最強タッグによって考案された防災セット
防災用品のトップメーカー「ラピタ」と防災士監修により協同開発された防災セットです。安心・充実の内容です。

★2018年度SHOP OF THE YEAR受賞
防災グッズメーカー「ラピタ」直営のアットレスキューは防災用品販売店で史上初のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞。
信頼と実績が評価されました。

避難に適した重量設定
必要な機能を凝縮していながらもゆとりのある24ℓの容量で、女性にも持ち運びやすい重量設定です。

★自社製品だからこその安心の品質
防災グッズ専用メーカーのラピタは、リュックはもちろん中身の防災グッズも全て自社開発。安心の品質をお届けします。

さらに上述で引用させて頂いた防災リュックのみの商品もおススメです。

いざという時のためにも備えておきたい防災リュック。
併せて避難場所や避難ルートなどを確認しておくことも大切です。

日頃からの準備・想定が緊急事態に効果的です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
暮らし・健康
スポンサーリンク
ねこまたぎ みのるをフォローする
ゆるく行こうぜ!と言われましても・・・
タイトルとURLをコピーしました